引越しの時は、NHKに解約の連絡をしたほうがよいのか。

引越しの時どうする?

 

引越しの時は解約するのではなく、住所変更の手続きをしなければなりません。

 

引越しを機に解約を希望する場合はなかなか厳しいことを言ってきます。

 

つまりテレビを持っていくのかどうかです。

 

もっていくのであれば住所変更をしてくれということです。

 

テレビを処分したと言えばその証明書を提出しろということです。

 

NHKはテレビがないと言っても携帯のワンセグなどあれば受信契約の対象になるみたいです。

 

「テレビはなくてもパソコンなどの受信設備がありませんか?」

 

「テレビはなくても携帯などの受信設備がありませんか?」とか食い下がってきます。

 

ですからテレビがないと言っても何らかの受信設備があれば受信料を払う義務があると言ことらしいです。

 

「放送法の64条でいう受信設備はありません」というと端的に断ることができます。

 

ですから私は引越し先には放送法の64条でいうところの受信設備はないので解約したいと申請して受信料の解除届を送ってもらいました。

 

受信料を解除するには処分した証拠になるものも必要らしいです。

 

引越しの時にNHKに解約の連絡をしました。解約する人はNHKでは受信料を払いたくない人が連絡してくることが多いみたいでなんか、けっこう厳しい対応ですね。あまり感じが良くありませんでした。

 

引越しの時はNHKに届けておきます。

 

その方がスムーズに支払が行えますのでとても安心です。

 

ちょっとした引越しのコツですね。

 

テレビがなくなる世帯についても同様でテレビがなくなるのですから支払う必要はありません。

 

その旨をNHKに伝えて受信契約の解除をしておきます。

 

近年は受信料を支払いたくない人が逃れようと申請する人が増えているみたいです。

 

その為か、テレビのリサイクル券のコピーなど処分したことがわかる書類の提出まで必要です。

 

昔は電話で「テレビなくなったから解約届けを送ってー」っていえばすぐに解約届けを送ってくれたのですがね。

 

近頃はNHKさんもかなり懐疑的になりました。

 

受信料を払わない人が増えることを極端に嫌っているみたいです(^◇^)

 

 

引越しの一括見積もりはコチラ>>>

 

 

 


「放送法の64条でいうところの受信設備は引っ越し先にはないです〜」と言えば話が早いです。